♯や♭の意味と、ついてる音符の読み方

楽典
スポンサーリンク

今回の記事を動画で見たい方はこちら↓

 

♯や♭の読み方

 

曲を演奏していると、がついている音符が出てきますよね?

この記号の読み方知っていますか?

 

この記号はシャープと呼びます。

意味は半音、元の音符の音よりも高くすることです。

半音はピアノでいうと隣の鍵盤のことなので、高くなると言うことは一つ右の鍵盤を演奏すれば大丈夫です。

 

この記号は、フラットと呼びます。

意味は半音、元の音符の音よりも低くすることです。

ピアノだと、一つ左の鍵盤を演奏することになります。

 

 

変化させた音をなんと言う?

前回の記事で、変化されていない音を幹音と呼ぶと書きましたよね。

幹音に♯や♭などの変化記号をつけて幹音から派生させた音のことを、派生音といいます。

 

 

派生音の様々な言語での呼び方

日本語の場合

日本語の場合、

♯の場合は嬰(エイ)
♭の場合は変(ヘン)

を音名の前につけて読みます。

 

たとえば、ハに♯がついていたら嬰ハ、ホに♭がついていたら変ホとなります。

(日本語での音名については前回の記事にて)

 

また、

♯♯ このように2つシャープがある場合は、重嬰
♭♭ 
2つフラットがある場合は、重変

を1つしかついていないときと同じように音名の前に付けます。

 

2つ変化記号がついている場合は、半音+半音で鍵盤2つ分(全音)移動した音を演奏します。

 

ドイツ語の場合

日本語の場合、

♯の場合はis
の場合はes

を音名の後ろにつけて読みます。

 

♯系の場合、

Cis・Dis ・Eis・Fis・Gis・ Ais・ His

チス ・ディス・エイス・フィス・ギス・アイス・ヒス

 

♭系の場合、

Ces・Des・Es・Fes・Ges・As・B

チェス・デス・エス・フェス・ゲス・アス・ベー

 

♭系の場合注意して欲しいのが、EのときはEesとはせずeを省略します。

またHの音はHesではなくBに変化するので要注意です。

 

 

また、

♯♯ このように2つシャープがある場合はisis

♭♭ 2つフラットがある場合は、eses

を音名の後ろに付けて呼びます。

 

♭2つの場合も注意点があります。

A♭♭は、Asesという場合と、Asasという場合の2種類があります。

B♭♭は、Heses、BB、Besという3種類があります。

 

英語の場合

英語の場合は一番簡単です。

音名の後ろにそのまま、シャープ、フラット、と付けて呼ぶだけです。

たとえばCにシャープがついていたらシーシャープ、Eにシャープがついていたらイーシャープとなります。

(英語での音名については前回の記事にて)

 

また、

♯♯ このように2つシャープがある場合はダブルシャープ
♭♭
 2つフラットがある場合は、ダブルフラット

を音名の後ろに付けて呼びます。

 

あとがき

今回の記事はいかがでしたか?

日本語と英語は単純に付け足すだけなので簡単でしたよね。

ドイツ語に関しては少しややこしいので、しっかりと復習しておいてくださいね!

ここまで読んでくださってありがとうございました♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました