音程とは③一度と二度 練習問題付き!

楽典
スポンサーリンク

音程を自力で言えるようになろう!

前回の記事では、長短系の音程完全系の音程の2種類があることを紹介しました。

音程とは②~様々な種類の音程~練習問題付き!
音程には様々な種類がある! 前回の記事で、二つの音の間の度数について学びましたよね......続きを読む

 

前回の記事の最後についている問題では、まず音程の例を挙げてありそれよりも広いか狭いかによって解答を導き出していましたよね。

ただ、いつまでも音程の例を挙げていてはちっとも自力で答えられるようにはなれませんよね・・・笑

 

今回からはヒントがなくても音程が答えられるようになるために訓練していきましょう!

 

1度の場合

1度は完全系の音程です

1度の場合は、全く同じ高さにあるときが完全1度となります。

また、1度の場合は減音程はあり得ません

 

 

2度の場合

2度は長短系の音程です。

上の例のような位置関係になります。

 

 

本当はきっとあまり良くない覚え方ですが、裏技として鍵盤の数で数える方法もあります。

短2度の際は、鍵盤が隣同士です。

それが長2度になると、間に一つ鍵盤が入ります

その鍵盤が増える度に、増・重増と2音間の距離が遠くなっていきます。

 

鍵盤の数え方は、2音が同じ場所にある場合を「1」として数えます。(ドとド=1、ミとファ=2)

例えば、長2度である「ファ」と「ソ」の場合「3」離れていますが、短2度である「ミ」と「ファ」の場合は2しか離れていません。

 

このような考え方は、正式な参考書などには載っていないのであまり推奨は出来ないと想います。

ですが、今後もっと度数が大きくなってきた場合に手っ取り早く音程を言えるようになりたい方には有効な手段の一つではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

練習問題

それでは練習問題を解いてみましょう。

リンクをクリックするとPDFファイルが開きます↓

04音程③1度2度 問題

04音程③1度2度 解答

 

次回の記事↓

音程とは④三度と四度 練習問題付き!
3度の場合 3度は長短系の音程です。 上のような位置関係になります。......続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました